sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。 そんな私のDiary。

この目で。

毎日のように、悲惨なニュースが流れてる。

物騒な世の中だなとつくづく思う。

 

 

ロンドンで、3度目のテロがあったらしい。

フランス、スペイン、トルコといった日本人がよく足を運ぶ地で多発している。

 

 

 

私は、今回の東欧旅でトルコに1週間ほど滞在した。

 

友人に、

『トルコに行くんだ』

と告げると

『危ないんでしょ?気をつけてね!』

と返ってきた。

 

 

トルコに入国するのは今回が初。

 

入国審査の時、

ニホンジンヒサシブリニミタヨ

 

と言われた。

 

 

確かに入国審査に並んでいる時、周りに日本人はいなかった。

 

 

スタンプを押してもらい、最後には

トルコタノシンデネ

 

良い旅が待ってる気がした。

 

 

初日に宿泊したのは、ブルーモスクそばの宿。

宿の屋上からの景色は美しくて、ずっとこの時間が続けばいいのになんて思ったり。

 

 

 

こんな出来事があった空港も

ブルーモスク周辺でも

ISによるテロが起きている。

 

 

あの素敵な街で、国で、武力という名の暴力によって傷ついた人がいる。

 

 

悲しくてならなかった。

 

 

 

気球に乗りたくて、カッパドキアにも行った。

案の定、日本人はほとんどいない。

 

 

帰りの空港でたまたま隣に座っていたトルコ人のお兄さん。

また同じことを言う。

日本人は久しぶりに見たよ』と。

 

 

 

3年前位は、嫌になるくらいに日本人だらけだったんだ。

今は寂しくなるくらいいなくなってしまった。

 

 

 

そんな悲しそうな顔して言わないで。

ものすごく切なくなる。

 

 

 

『トルコはいいところだったかい?』

って笑顔で聞いてきた。

 

 

『もちろん!最高だったよ!』

って全力の笑顔で答えた。

 

 

 

『また来てね、そして素敵な旅を』

そう言って、お兄さんは去っていった。

 

 

 

この1週間で危険な目になんて一度もあっていない。

むしろ、素敵な気持ちになることばかりだった。

大好きになった。また帰ってきたいと思える場所になった。

 

 

もっと世界が平和になればいいのに。

国境というハードルが低くなればいいのに。

トルコにいる間、何度思ったことか。

 

 

少なからず、日本よりは危ない地域かもしれない。

少なからず、日本よりはテロが起きる確率が高いかもしれない。

 

 

でも、メディアの情報がすべてではない。

そう実感した。

 

 

 

どんなことも自分の目で確かめてみないと分からないことだらけ。

だから私は旅を続ける。

この目で真実を見つめる為に。

 

f:id:sakusmap:20170921190110j:plain

初心忘れるべからず。

 

 

旅に出る前って、なんでこんなにワクワクするのだろう。

 

 

私は1週間後、人生初のヨーロッパ。

東欧へ約1ヶ月の旅に出ます。

 

 

小さい頃から、よく海外に家族で旅行に行くことがあった。

 

 

人生初海外はグアム。3歳の時。

正直、オニオンリングを食べまくった記憶しか残ってない。

 

 

2回目はサイパン。5歳の時。

どうしても海外で挙式をあげてみたい

という母の要望で、家族5人だけで小さな教会で両親の挙式をした。

 

 

それ以降、数回に渡る家族での海外旅行。

タイとフィリピンでの1人旅を含め、計5ヶ国に訪れた。

 

 

 

飛行機に乗る度、胸が高鳴った。

どんな人に出逢うだろう、どんな食べ物が食べられるだろう。

 

 

『旅慣れ』なんていう言葉があるけれど、私は毎回ドキドキする。

新たな世界に、新たな出逢いに。

 

 

そんな旅の経験を通して、現在私の周りには沢山の旅仲間がいる。

それぞれ素敵な旅をしていて、刺激を受ける。

 

 

世界一周に出る人。

ワーホリに行く人。

留学に行く人。

海外でヒッチしちゃう人。

 

 

いいなぁ。羨ましいなぁ。

なんて思うけど、自分は自分。

 

 

初めて1人旅に出る時、自分の胸に決めていたことがある。

『生きて帰ってくる』

『自分らしい、笑顔溢れる旅にする』

 

 

当たり前のこと。

でもそれが1番大切なこと。

 

 

そんなことを考えてみる、出国1週間前。

ワクワクが止まらない。

次はどんな世界が私を待っているんだろう。

 

f:id:sakusmap:20170816202440j:image

 

とりあえずやってみる。

 

 

今日リリースされた、polca

クラウドファンディングならぬ、フレンドファンディング

 

 

早速自分も始めてみた。

polca.jp

 

 

一言だけ言わせて欲しい。

『楽しい』

 

 

新しいことをするって、結構抵抗がある。

ちょっと面白そうだなと思っても、まだ素性の知れないものだと尚更。

 

 

自分も以前は取り組む前から、

「きっと向いてない」

「なにこれ、大丈夫なの?」

なんて、決めつけたり、先入観が邪魔して新しいことに手を出してこなかった。

 

 

最近、こんなことを言われた。

何事もとりあえず情報に敏感になってやってみる。

それから得意不得意を判断する。

始める前から決めつけない。

 

 

それを機に色んなことを始めてみた。

結果、『楽しい』ことに行き着く。

 

このブログもそう。

ずっとやってみたかった。

毎日継続するのは難しいけれど、『楽しい』

 

 

私のモットー。

やらない後悔よりやる後悔

 

旅もそう、写真もそう、そして今回のpolcaもそう。

 

 

 

 

とりあえずやってみる。

これが何においても大切なんだ。

 

やってみなきゃ何も分からないんだから。

f:id:sakusmap:20170810202720j:plain

コドモゴコロ。

 

 

私は笑顔でいることが好き。

人の笑顔を見ることも好き。

 

 

作り笑いなんかじゃなくて、心のそこから笑っている笑顔。

 

 

この前、旅仲間とこんな話をした。

 

子供の笑顔って無敵だよね。

笑顔に偽りがない。

 

お互いにフィリピンに行ったことがあって、現地の子供を例にあげて話を進めた。

 

とにかく無邪気。

つまらないと本当に真顔。反応もしてくれない。

けど、笑う時は思いっきり笑う。

 

 自分も同じことを思った。

とにかく感情に素直なのだ。

 

 

それって、大人になるにつれて忘れてしまっている気がする。

 

 

周りの空気感を伺って、その場の状況に合わせる。

社会に出たら大切なことなのかもしれない。

 

 

でも、自分の感情に素直に生きたっていいんじゃないのかなって思う。

 

 

特に日本人は感情に素直な人が少ないと思う。

そういう国民性なのかもしれない。

 

 

けど、子供の頃は、

全力で笑っていたはず。

全力で泣いていたはず。

全力で悲しんでいたはず。

全力で楽しんでいたはず。

 

 

自分の感情を押し殺してまでやらなきゃいけないことってあるのかな。

なんて思う。

 

 

楽しかったら笑えばいいじゃないか。

悲しかったら泣いていいじゃないか。

 

 

自分の感情に嘘をついてもいいことなんて1つもない。

 

 

だから私は、いつまでもコドモゴコロを忘れずに生きていきたいな。

自分に素直に。

 

f:id:sakusmap:20170809205051j:plain

 

 

フットワークが軽いのは。

 

 この1週間、計6人の友人が我が家に泊まりに来た。

 

 

私はよく《フッ軽》なんて言われる。

フットワークが軽いということ。

 

 

楽しいことを常にしていきたいし、色んな光景をこの目でみたい。

身をもって様々なことを体験したい、繋がりをたくさん広げていきたい。

 

だからいっつも何かに誘われると一言返事。

行くしかないでしょ」と。

 

 

お金なんてないし、時間もそんなにあるわけじゃない。

学校もあれば、バイトもある。

 

みんなと変わらない生活をしている。

そんな中で自分の動ける範囲で最大限に飛び回る。

 

宮城在住の自分にとっては、都会に憧れるし、出掛けるのは楽しい。

 

 

ただ、ずっと思っていたこと。

自分の地元にもきてほしい。

宮城を少しでも知ってほしい。

 

そんなに見所があるわけじゃない。

けど、自分の生まれ育った土地を知ってもらいたい。

 

そんなことを思いながら旅をしていた。

 

出会う人出会う人、皆口を揃えて言う。

東北って行ったことない。そもそも何があるかわからない。

なんだか遠い気がしちゃう。

 

全員というわけではないけれど、大半の人はこんな風に思っているのではないだろうか。

 

その言葉を聞くたびに少し寂しかった。

 

それと同時に思った。

自分自身が東北に行くきっかけになればいいのでは?

 

 

『Sakuraがいるから行こうかな』

そんな風に思ってもらえるような魅力的な人間になればいいんだ。

 

 

そう思ってから、尚更人と関わることが楽しくなった。

その結果、今回6人の大好きな友人たちが来てくれた。

 

 

春は大河原の千本桜。

夏は仙台七夕祭り。

秋は鳴子峡や円通院の紅葉。

冬は光のページェント

 

四季折々楽しみがある。

 

その他にも日本三景の松島、秋保温泉が。

 

楽しいことだけじゃない。

東日本大震災の痕跡がはっきりと残っている。

風化させちゃいけないものがここにはある。

 

 

すべてひっくるめて、宮城はいいところなんだ。

こんな地元が大好きなんだ。

 

 

 

だから私はフットワークを軽くして、様々な人と交流をもつ。

 

 

1人でも多くの人が東北に、宮城に、足を運んでくれることを願って。

f:id:sakusmap:20170808205539j:plain

 

青春とは。

 

 

甲子園出場の49校が出揃いました。

これから沢山のドラマが生まれることでしょう。

 

 

高校生の頃、私は泣く程何かに熱中したことがなかった。

部活を3年間やり遂げたわけでもなく、必死に勉強したわけでもない。

学校行事もそこそこ頑張ったけど、泣くほどじゃない。

 

基本的に彼氏とラブラブスクールライフを送り、ライブハウスに通いつめてひたすらカメラのシャッターを切っていた。

 

そんな青春も悪くない。

それなりに楽しかったし、それなりに充実してた。

 

 

ただ、漫画で読むような青春をしてみたかった。

時をかける少女のような青春を送ってみたかった。

 

 

周りの大人は口を揃えてこう言う。

学生の頃は楽しかった。あの頃は青春だった。

今がつまらないみたいな言い方。

 

 

そもそも青春ってなんだ。

楽しかったら青春なのか?

ということは、楽しくなかったら青春は終わってしまうのか? 

 

 

『そんなの絶対に嫌だ』

去年そう思った時期に初めて一人旅に出た。

 

旅先には、永遠に青春を楽しんでいるような大人が沢山いた。

日本に帰ってきてからも、人生死ぬまで青春!って感じの大人に沢山出逢った。

 

 

人生死ぬまで青春

きっと今の日本では邪道な生き方なのかもしれない。

でもそれって最高に楽しい生き方なんじゃないかと思う。

 

 

そんな青春を送るにはどうしたらいいか。

 

 

結論、必死に夢に向かってひたむきに頑張る。

これに尽きると思った。

 

 

 

だから私は夢を追う。

世界中の音楽を切り取って世界中で写真展を開くために。

 

 

 

 

その夢が青春と化すその日まで。

f:id:sakusmap:20170801215923j:plain

箱の中と箱の外

 

 

とはライブハウスのことである。

 

 

7/28-30まで宮城で開催されたap bank Fesに参戦してきた。

野外フェスだ。

 

初日に水曜日のカンパネラが登場した。

 

そこで彼女はこう言った。

今ツアー中で、ずっとライブハウスでやってて、久しぶりに空気がこんなにある場所でライブする。

ライブハウスの中だと二酸化炭素の量が増えていくのがわかる。

やっぱ空気があるっていいね。たくさん吸える。

 

 

私は箱の中箱の外も好きだ。

 

箱の外っていい。

野外って本当にいい。

青春って感じがする。

水曜日のカンパネラが言うように空気がいくらでもあるのもいいとこと1つ。

 

炎天下のもと、曇天のもと、雨風のもと。

どんなシチュエーションでも最高の思い出になる。

 

 

それに対して、箱の中。

ライブハウスも本当に最高なんだ。

 

会場の一体感。

箱の中に鳴り響くひとつひとつの音。

二酸化炭素が増えてって、息苦しくなっていくのもいいところ。

それだけみんなのボルテージが上がってるってことだから。

 

 

そんなことを思いながら、この3日間箱の外を楽しんだ。

 

 

f:id:sakusmap:20170731215903j:plain