sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。 そんな私のDiary。

青春とは。

 

 

甲子園出場の49校が出揃いました。

これから沢山のドラマが生まれることでしょう。

 

 

高校生の頃、私は泣く程何かに熱中したことがなかった。

部活を3年間やり遂げたわけでもなく、必死に勉強したわけでもない。

学校行事もそこそこ頑張ったけど、泣くほどじゃない。

 

基本的に彼氏とラブラブスクールライフを送り、ライブハウスに通いつめてひたすらカメラのシャッターを切っていた。

 

そんな青春も悪くない。

それなりに楽しかったし、それなりに充実してた。

 

 

ただ、漫画で読むような青春をしてみたかった。

時をかける少女のような青春を送ってみたかった。

 

 

周りの大人は口を揃えてこう言う。

学生の頃は楽しかった。あの頃は青春だった。

今がつまらないみたいな言い方。

 

 

そもそも青春ってなんだ。

楽しかったら青春なのか?

ということは、楽しくなかったら青春は終わってしまうのか? 

 

 

『そんなの絶対に嫌だ』

去年そう思った時期に初めて一人旅に出た。

 

旅先には、永遠に青春を楽しんでいるような大人が沢山いた。

日本に帰ってきてからも、人生死ぬまで青春!って感じの大人に沢山出逢った。

 

 

人生死ぬまで青春

きっと今の日本では邪道な生き方なのかもしれない。

でもそれって最高に楽しい生き方なんじゃないかと思う。

 

 

そんな青春を送るにはどうしたらいいか。

 

 

結論、必死に夢に向かってひたむきに頑張る。

これに尽きると思った。

 

 

 

だから私は夢を追う。

世界中の音楽を切り取って世界中で写真展を開くために。

 

 

 

 

その夢が青春と化すその日まで。

f:id:sakusmap:20170801215923j:plain