sakura-world

『人生一度きり』『やらない後悔よりやる後悔』 がモットーの大学2年。 日本中を、世界中をサクッとさく旅。 そんな私のDiary。

フットワークが軽いのは。

 

 この1週間、計6人の友人が我が家に泊まりに来た。

 

 

私はよく《フッ軽》なんて言われる。

フットワークが軽いということ。

 

 

楽しいことを常にしていきたいし、色んな光景をこの目でみたい。

身をもって様々なことを体験したい、繋がりをたくさん広げていきたい。

 

だからいっつも何かに誘われると一言返事。

行くしかないでしょ」と。

 

 

お金なんてないし、時間もそんなにあるわけじゃない。

学校もあれば、バイトもある。

 

みんなと変わらない生活をしている。

そんな中で自分の動ける範囲で最大限に飛び回る。

 

宮城在住の自分にとっては、都会に憧れるし、出掛けるのは楽しい。

 

 

ただ、ずっと思っていたこと。

自分の地元にもきてほしい。

宮城を少しでも知ってほしい。

 

そんなに見所があるわけじゃない。

けど、自分の生まれ育った土地を知ってもらいたい。

 

そんなことを思いながら旅をしていた。

 

出会う人出会う人、皆口を揃えて言う。

東北って行ったことない。そもそも何があるかわからない。

なんだか遠い気がしちゃう。

 

全員というわけではないけれど、大半の人はこんな風に思っているのではないだろうか。

 

その言葉を聞くたびに少し寂しかった。

 

それと同時に思った。

自分自身が東北に行くきっかけになればいいのでは?

 

 

『Sakuraがいるから行こうかな』

そんな風に思ってもらえるような魅力的な人間になればいいんだ。

 

 

そう思ってから、尚更人と関わることが楽しくなった。

その結果、今回6人の大好きな友人たちが来てくれた。

 

 

春は大河原の千本桜。

夏は仙台七夕祭り。

秋は鳴子峡や円通院の紅葉。

冬は光のページェント

 

四季折々楽しみがある。

 

その他にも日本三景の松島、秋保温泉が。

 

楽しいことだけじゃない。

東日本大震災の痕跡がはっきりと残っている。

風化させちゃいけないものがここにはある。

 

 

すべてひっくるめて、宮城はいいところなんだ。

こんな地元が大好きなんだ。

 

 

 

だから私はフットワークを軽くして、様々な人と交流をもつ。

 

 

1人でも多くの人が東北に、宮城に、足を運んでくれることを願って。

f:id:sakusmap:20170808205539j:plain